証券会社に勤める上で証券外務員資格は必須な資格

"私は以前、証券会社のコールセンターで派遣社員として勤めていましたが、証券会社で顧客相手に商品案内をする場合に必要な資格は証券外務員資格なのです。

証券外務員資格は一般的な株式や債券などの業務資格を得るためには2種資格が必要とされ、先物、デリバティブ、信用取引など特殊な取引に関する業務資格は1種となります。

一般社員は勿論、案内をする派遣やバイトの方も顧客相手に商品を案内する場合には証券外務員資格を取得しない限り、案内業務を行うことは出来ません。

私が証券会社に入社してまず行ったのが証券外務員資格取得のための学習です。試験に合格するまでは業務に就けませんから就業時間はすべて学習時間にあてられます。資格取得のための学習資料を用意して頂き、学習指導の方と資料の読み合わせを行い、その後は過去問題や自習を行います。

私の勤めていた証券会社では、試験対策をしっかり備えていてくれていたので非常に分かりやすく勉強が出来ました。一月くらいかけて試験に挑み、無事合格出来ました。

合格してからは業務研修を経て、顧客相手に電話案内を行います。商品案内といってもマニュアルを読むだけなので難しい専門知識は必要ないのですが、イレギュラーで突然質問が返ってくることもありますので、それに対処するためにやはり資格は必要であります。"

秘書実務検定を持っています

取得している資格には秘書実務検定2級を持っています。数年前に取得したのですがきちんと理由があります。
それが、自分の常識的な知識がいまいち足りなかったと思ったからです。例えば正しい敬語、電話対応、結婚式のマナーなどさまざまな事がいまいち理解していなかったと思いました。
敬語だけでも丁寧語、尊敬語、謙譲語などがあり、私は敬語という言葉しか知らなくて尊敬語、謙譲語などはまったく知らなかったのでこれは将来やばいと思いました。
また、他のマナーにしても中途半端な知識しか持っていなくていざ結婚式やパーティーなどにいっても正しいマナーができるか自身がありませんでした。
それを身につけるためには秘書検定がベストでした。秘書実務検定はそういった一般的なマナーを試すテストであるし、テキストにはさまざまなマナーの知識が沢山載っていました。
これは自分にとってプラスになると思ったので資格を取得しようという決心が強くなったのです。

転職サイトの比較に参考になるサイト

秋の楽しみは新米とサンマ

"秋と言えばやはり食欲の秋ですね。新米も美味しいしサンマも美味しい。
店頭に並ぶ松茸の値段に驚きつつ、いつかは買ってみたいと心に決めたり。そんな私ですが毎年楽しみにしている秋の味覚があります。それは「栗」。栗ごはんと聞いただけでよだれが出てしまいそうになるくらいです。ゆがいてスプーンでほじ保持食べるのも美味しいですが、私は何と言っても「甘栗」が大好きです。この時期にならないとお店では買えないし、甘栗は家では作れませんから、毎年毎年心待ちにしています。「甘栗」といえどもたくさん種類がありますが私のこだわりは、剥けていない事なんです。ご親切に剥いてくれたことや剥きやすさをウリにした商品もありますが、私は手を汚しながら爪も割れてしまいながら食べたいのです。「甘栗」を思う存分一人で食べる。私の秋の楽しみです。一人で、というのも大事なポイントなんです。子供がいたら私はもっぱら剥き係になりますから。剥くのは嫌いではないんですよ、自分が食べるためなら。
なので子供のいない時間に一人で堪能することに決めています。

秋になったらおでん

"秋になって、涼しくなってきて、私が真っ先に食べたくなる料理は、おでんです。アツアツのおでんは、いくら好きでも、夏には食べたいとは思いません。ちょっと肌寒くなってきた頃、暖かいおでんを美味しく食べて、温まるのがいいんです。

我が家のおでんは、豚足を入れるのがちょっと変わっているかもしれません。鍋は圧力鍋を使います。まず、大根と豚足とゆで玉子を、ひたひたのダシに入れて、圧力鍋で20分加熱します。こうすることで、大根は柔らかくなり、噛み切れない豚足も柔らかいゼラチンのようになり、玉子にも味がしみこみます。

圧力をかけ終わったら、次にまる天、ごぼう天、ウインナー、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、を加えて、普通に弱火で煮込みます。じゃがいも、にんじん、玉ねぎは、丸のままか半分に切るくらいの大きめの大きさで入れると、できた時の見ためも良くなります。野菜が崩れないよう、混ぜないのがポイントです。練り物製品は、最初から入れるとふやけるので、お勧めしません。

こうして、野菜に火が通ったらできあがりです。とんこつの美味しいダシも出ている気がします。熱いところをホクホク食べると、身も心も温まります。

英語と共に日本語力も必要

"インターネットショッピングを統括する有名企業が
社内での英語公用化を発表して話題となったのはまだ記憶に新しいと思います。

このニュースを知ったときの私の率直の感想は
「なかの人は大変だろうなあ」というものです。

英語が世界的に使われている言語ではある事は間違いありません。
外国の企業と勝負していくには英語が使える事が必要なのは言うまでもありません。
ですので経営者の判断を間違っているとは思いません。

だだ、言える事は私もそうなのですが、日本語が使われている環境で育って来た者は
日本語でキチンと考え発表出来ない事は英語でも出来ないという事です。

これは当然の事です。
日本語で論理立って説明できない事が英語だと出来るなどということはありません。

ですので、日本語が第一言語の者にとっては日本語で考え、その考えを論理だって発表できる能力を
鍛えるのが先決だと思っています。

英会話は高校まで習った単語と文法で充分です。
英会話力と同時に日本語で考えるチカラも育む必要があると私は思います。
"


メニュー

闔と礼状

ィ祝いの礼状

牛・の礼状

昼Vと礼状

ィ見舞い、そのお礼

rジネスと礼状

相iの話

E場の人間関係

G節のお話

o済情報

Tイトについて