手紙とお礼状

就職活動のときに礼状を出す場合の具体的なモノと言えば、まずは面接の後に採用の担当者に読んでもらうためのお礼としての礼状が挙げられますね。

仕事で忙しい中、わざわざ自分のために時間を割いて面接をしてくれたということに対してのお礼というカタチになりますね。その感謝の気持ちとして、お礼状を書くことが就職活動のお礼状を作成する理由となっています。

こういった感謝の気持ちを相手に伝えることは今後、働くうえでも非常に重要となってきますし、お礼状を出したという経験自体が営業職などについていると、役に立つこともありますよ^^

就職活動では面接のあとに選考が行われるのですから、面接が終わった際にお礼の意味で礼状を出しておくことで自分のアピールにすることもできますので合格のための評価が上がる可能性もあるわけです。

高校や大学で就職活動をしている場合は「お礼状の提出は必須ですよ」と就職活動の相談にのってくれている先生が教えてくれるはずです。ワタシの場合も大学でお世話になっていたK先生が教えてくれました^^

感謝の内容によっては受け取った人の感じることも異なると思いますが通常は礼状を受け取ってもその人のイメージが悪くなることはないであろうと思われます。

ある人の場合ですと入社してすぐの頃に人事担当の上司から、入社のきっかけが面接の礼状だったと教えられたという経験のある人もいるようですので、礼状はある意味出さないと損であるとも言えるかもしれません。

その人の場合は書類選考のときに礼状を一通、そのほかに其の同じ会社の選考時には4回の面接が行われたそうなのですが其の4回ぶん4通礼状を作成して出したということです。これ等は通常ですと考え付かないことにもなるかもしれませんが、こうした通常の行動から一歩進んでプラスアルファのことを行ってこそ得られた合格なのかもしれません。

その他の管理サイト一覧



メニュー

闔と礼状

ィ祝いの礼状

牛・の礼状

昼Vと礼状

ィ見舞い、そのお礼

rジネスと礼状

相iの話

E場の人間関係

G節のお話

o済情報

Tイトについて