礼状を送るときのマナー

贈り物を周りの方から頂くことも多くあると思いますが、その中でも自分自身が結婚をしたことでお祝いをいただくこともありますし、新しい家族である赤ちゃんが産まれて出産祝いを頂くこともあるでしょう。

他にも何か贈り物をいただいてそのお礼としてお礼状などを贈り返すこともあるでしょうが、それらの共通したマナーとして、お祝いを受け取ったら、早い段階でお礼状を作成したほうが良いということがありますね。

「ちゃんと届いたのかな〜・・・」

お祝いを贈った相手の方から連絡が無かったら不安になっちゃいますよね。といって、コチラから「届いたかしら?」とチェックの連絡も入れづらい。だから早く連絡が返ってきて欲しいと誰もが思います。

よって、早めにお礼が返ってくると、うれしいのと同時にホっとするので安心できるんですよね。

このことからも何かをいただいたら其の礼状を早いうちに送ることと、できたらいただいたものが品物であれば使用感なども添えることができたら益々喜ばれることでしょう。

礼状の中でもここでは出産祝いの礼状を作成するときの文例を挙げることにします。

「お祝いの品を喜んで受け取らせていただきました。本当にありがとうございます。日々に母親になったという実感が湧いてくるようでもありいただいた品物を前に気持ちは愛情と勇気で一杯です。この子を一人前に育てるまでは成長とともに私も学んでゆくつもりです。心ばかりではありますが別の便にてお礼の印をお届けします。また皆様にお目にかかる日をお待ちしております。」

などがあります。出産祝いのお返しを贈る際にはのしには内祝いと書き、のしの下に子供の名前を書くと良いでしょう。

その他の管理サイト一覧



メニュー

闔と礼状

ィ祝いの礼状

牛・の礼状

昼Vと礼状

ィ見舞い、そのお礼

rジネスと礼状

相iの話

E場の人間関係

G節のお話

o済情報

Tイトについて