礼状と手紙の書き方

「お礼を言うときは手紙でお礼状を書いて送るか?それとも携帯電話で電話をかけるほうが良いのか?」

手紙や礼状の良し悪しについて考えてみると、電話だったら一瞬で終わることでも時間をかけてしっかりと書かなくちゃいけないということがあります。けどね、相手の方もそれが分かっているから手紙や礼状を使って丁寧に送られると、すごく心に響いちゃうんですよ^^

そしてもうひとつのメリットとして、曜日や日にち、時間といった重要事項をその場の電話で伝えるだけだと、うっかり相手の方が忘れてしまうこともあるのですが、手紙で送ると相手の方に対して確実かつ内容を忘れた場合も改めてチェックをすることができます。

その他自分の気持ちや事件の描写などについても整理して書いてゆくことができますので記録するのにも向いているといえます。

また、書き直すことができるという点も手紙などのよい点といえるでしょう。感情に任せてよくない言葉を発する危険もないですし、礼状などでもよく読みなおして直してゆくことができます。

電話などで会話している場合、うっかり失言をしてしまったとしても、「緊張していたから」と誰もがわかってくれるわけではありません・・・

事務の上での機械的な内容であっても、人間が作成したものを人間が読むに当たってはそこにコミュニケーションが生じます。

仕事にも手紙などの封書を使用する価値は十分にあると思われます。また、手紙は保存しておくことにより重要な事柄の記録となり得ます。手紙の書き方としてまずは礼状について述べてみます。

礼状の書き方としては色々あるのですが、まずはありがとうという感謝の気持ちを表してゆきますから、礼状なりの書式にしっかり沿って手紙を書いてゆきたいものです。

何かの親切を受けた際にも、いついつのご厚意ありがとうございました、と明記すると良いでしょう。

大げさな表現よりも具体的に事実を挙げて其のことに対して自分はどう思ったかなどを素直に書いてゆくと良い礼状となりますし読み手も読みやすいといえます。

その他の管理サイト一覧



メニュー

闔と礼状

ィ祝いの礼状

牛・の礼状

昼Vと礼状

ィ見舞い、そのお礼

rジネスと礼状

相iの話

E場の人間関係

G節のお話

o済情報

Tイトについて