結婚式の招待状の書き方

結婚式の準備は山のようにすることがあります。
ウェディングドレスの衣装合わせであったり、式場決めから、
披露宴や二次会の演出など・・・

その中に絶対にやらなければいけないこととして、結婚式や披露宴に招待したい
親族や友人に対して招待状を送らないといけません。

その際に結婚式の主賓や媒酌人に対しては招待状を手渡しで送るのが良いです。
招待状の差出人としては一般的には新郎新婦の両家の親としていましたが、
最近ではほとんどが結婚する二人の名前で出すというカタチですね。

このほか新郎新婦の友人主催のパーティは二次会ではその幹事を
差出人として招待状を送るのが良いでしょう。
招待状を贈る時期としては挙式や披露宴の場合は2ヶ月前に出すように
するのがよく、遅くても1ヶ月半前には発送するのが良いでしょう。

送るのが遅いと、相手の方が予定を空けられなかったり、事前に話してあったのに
日にちを忘れている場合もあるので、こういったことは出来る限りはやめに
対応しておくことをオススメします。

招待状の文面としてはどの人が差出人かによって異なってきますが、
普通は次の事項について書くことが多いようです。

まずは結婚するのがどの人とどの人なのか、媒酌人がいる場合はその人の名前、
挙式や披露宴の日時、会場と其の所在地や電話番号などの案内図は別紙で添えるなどします。
またそのほか出欠に関して期限、会費などを書くのが一般的です。

結婚の報告を行う礼状は挙式や披露宴に出席できない人もいますので、
挙式や披露宴の跡から数えて一ヶ月以内に出すと良いでしょう。
結婚の事実に沿えて二人の今後の親交をお願いしたりこれまでの
謝辞を入れると良いでしょう。

結婚後のお礼の文章については、お礼の文章に加えて近況報告などを行います。
新郎と新婦どちらの知人や友人にも出せるように二人の連名で
手紙を作成することが多いようです。

その他の管理サイト一覧



メニュー

闔と礼状

ィ祝いの礼状

牛・の礼状

昼Vと礼状

ィ見舞い、そのお礼

rジネスと礼状

相iの話

E場の人間関係

G節のお話

o済情報

Tイトについて