手紙の書き方・お礼状の書き方ガイド・Top >  弔電の送り方

弔電の送り方

もっとも送りたくない手紙、礼状になるのが「弔電」ですね。
誰か親しい方、懇意のある方がお亡くなりになった場合、どうしても
通夜、葬儀に出席できない場合、仕方なく電報で追悼の意を表明するという
カタチを盗ります。

駆けつけることが出来る場合は、電報ではなく駆けつけるようにしましょう。

遺族が置かれている状況を考えて送る言葉は慎重に選んでいかないといけません。
遺族の方に対して励ましの言葉を送るのも良いことだと思います。
親しい方や身内の不幸に対して送る電報なので送るほうも読むほうも
やりきれない気持ちでいっぱいになりますね。

弔電を受け取った人たちのことを考えてお悔やみの際は忌み言葉などのルールは
破らないように気をつけてください。弔電は告別式や葬儀を執り行う日の前の日までに
打つようにしましょう。

弔電の送り方としては、葬儀や告別式などが自宅にて行われる場合は
喪家を送り先にしますし場所が斎場で行われる場合はその斎場を送り先にしてください。
宛名としては喪主宛としますが喪主の名前が出てこないときは亡くなった方の姓名を書いて
“ご遺族様”“ご遺族一同様”などとすると良いでしょう。

親族の方の中に自分の友人がいるときなどはその方宛てに送ることもアリですが、
基本的には喪主の方に贈るか、上に書いたようにご遺族様と親族全体に向けて
送るのがベストだと思います。

お悔やみ文の終わりには送り主の名前を入れるようにしてください。

忌み言葉の例としては直接に不幸を意味する「死亡や死去」などや、
弔事などが重なることを意味する「重なる、たびたび、また、再び」などの
言葉も慎むべきですし、亡くなられた人の不幸を連想させるような「苦しむ、
九、浮かばれない、迷った」などもよくないとされます。  

弔電は受付のあと2〜3時間後には配達されるようですので葬儀などの始まる
時間の一時間前には届いているようにすると良いでしょう。
葬儀の日時が早めに解るような社葬などの場合ですと弔電を予約して日時を
指定することもできるようですし、3日前までに申し込まれた分については
割引になる制度もあるようです。

その他の管理サイト一覧



手紙と礼状

お祝いの礼状

結婚の礼状

葬儀と礼状

お見舞い、そのお礼

ビジネスと礼状

資格の話

職場の人間関係

季節のお話

経済情報

サイトについて