災害時の見舞い礼状

災害というと、火事や地震、水害やあとは交通事故などがあるのですが、
いずれも起きては欲しくないタイヘンな出来事です。ときには人生を
変えてしまうほどの苦痛を伴うこともあります・・・

災害の起きた場所が近い場合は、そのままかけつけて応援したり、
励ましたりすることができるのですが、住んでいる場所が遠い場合、
すぐにかけつけることはできませんよね?

交通機関がストップしていたりするとなおさらです。
また、そういった災害は予測していないときに、突発的に起こるので、
困ることも多いですね。

災害の際のお見舞いのポイントとしては情報を知ってから
すぐに行動することが上げられるでしょう。

手助けの際には起こった被害の度合いにもよりますがまずはいつもの
生活を取り戻せるような手助けを行うと良いでしょう。水や食料を運んだり、
片付けなど人手が必要な場合はカラダを使って手助けします。

近所に住む人同士では電気製品などが使用できる場合には
使えなくなっている人に使用してもらうと喜ばれるでしょう。

連絡を受けても住んでいる場所が遠く、すぐに駆けつけることが
出来ない場合は、後日お見舞いを送るにしても現金を送るのが
喜ばれるみたいですね。

カタチにこだわらなくても良いので、封筒の表のほうに、
「お見舞い」と書いておくだけでOKですよ♪

また災害のお見舞いをいただいたときは礼状を送る前に
自分がなるべく早く立ち直りお世話になった人たちに元気な姿を
見せることが一番のお返しであるといえます。

災害見舞いに対しては内祝いなどはせず状況が一段楽したときなどに
礼状を送ると良いでしょう。

また何とか通常の生活に戻れたときに改めて礼状をだすと
相手も状況がわかり安心もできますし喜ばれるといえます。

その他の管理サイト一覧



メニュー

闔と礼状

ィ祝いの礼状

牛・の礼状

昼Vと礼状

ィ見舞い、そのお礼

rジネスと礼状

相iの話

E場の人間関係

G節のお話

o済情報

Tイトについて