面接後の礼状の文例

企業や会社の面接のあとに送るお礼状の文例を載せておきますね。
少しでも参考となれば幸いです^^


---(ここから)---

「貴社の益々のご清栄をお慶び申し上げます。
ご多忙中の中面接の機会を作ってくださって本当にありがとうございました。
○○部長様からは貴社の説明をしていただいたのですが、常に積極的な姿勢を崩さない
貴社の態度はすばらしく、お話も興味深いものでした。

(この場所では自分のセールスポイントについての記述を行います)
この際は一日も早く貴社の社員のひとりとなって色々と活躍できるように
自分でも努力し向上してゆきたいという考えで一杯です。

取り急ぎは本日の面接のお礼とさせていただきます。
末筆ながら貴社のご繁栄をお祈り申し上げます。」

---(ここまで)---

面接を行う際にその後、お礼状を足すといったことになじみの無い方も
いると思いますが、面接した側の人間はわざわざ時間を作ってくれている
わけですからね。

このように丁寧なお礼状を受け取ると非常にウレシイ気持ちになるんです。
当然、その後、無事会社に就職できた後にもそのことは影響してきます。
礼儀が正しい方だと思われるからですね。

社会人の世界ですから、このような礼儀をしっかり踏まえることで
内定も取りやすいでしょうしきちんとした生活が送れることでしょう。

この際に上司や恩師などの目上の人に対しては形式などをきちんと
踏まえながらていねいに感謝の気持ちを表現しましょう。

就職活動の内定で大切になってくるのはいかに入りたい会社に自分を
良く印象付けるかにかかってくるといっても言い過ぎではないといえます。
またこのときにお礼状などは面接が終わった当日に出しておくと
好感がもたれるでしょう。

ただ、人材派遣会社の派遣社員やアルバイトといった場合、
このような礼状を送ることは滅多にありませんね。少なくともワタシは
送ったことがありません。

その他の管理サイト一覧



メニュー

闔と礼状

ィ祝いの礼状

牛・の礼状

昼Vと礼状

ィ見舞い、そのお礼

rジネスと礼状

相iの話

E場の人間関係

G節のお話

o済情報

Tイトについて