浅すぎず深すぎず

"今年の夏まで約一年間臨時で事務のパートをしていました。私が配属された課は人数が少なかったので人間関係がかなり重要でした。
その中でもパートは私を入れると三人で他の二人は一年前から働いていたのでとても親密そうでした。
年代は二人とも私より三つ年上で、私は後から入ったということもあり、気を使う部分もかなり多くありました。
人数が少ないということと、拘束時間が長いということでどうしても話題が私生活のことになってしまい、どこまで話したらいいのだろうかと最初のうちはさぐりさぐりでしたが、だんだん悩みなども話すようになりました。
ある日、そのうちの一人から「いい先生がいるから会わない?」と、突然言われました。どうやらその人はある占い師を信じ込んでいてかなりの額をつぎ込んでいるということが耳に入ってきました。私が色々悩みを相談していることに付け込んできたのです。それ以来、私とその人には微妙な壁が生まれ、職場でもよそよそしくなってしましました。
私はその件がきっかけで軽い人間不信ぎみですが、いろんな人が集まるのが職場だと割り切って程々の付き合いをするということも必要だなと痛感しています。"

その他の管理サイト一覧



メニュー

闔と礼状

ィ祝いの礼状

牛・の礼状

昼Vと礼状

ィ見舞い、そのお礼

rジネスと礼状

相iの話

E場の人間関係

G節のお話

o済情報

Tイトについて